works

ORIGINAL CONTENTS
  • プライスゼロ・プロジェクト
  • amo’calcio by unodue japan
  • アスレジーナ
  • ドS女子プロジェクト
  • 静岡県中部地域スポーツ産業振興協議会
  • other
勝利≦継続 地域に愛され持続可能なクラブづくり

静岡県内出身、県内学校卒業選手で構成する愛されるためのチーム

オール静岡を意味する「AS(AllShizuoka)」とイタリア語で女王を意味する「REGINA」を組み合わせた「ASREGINA(アスレジーナ)」は、静岡県内出身または静岡県内の学校を卒業した選手を中心に構成される女子サッカークラブ。この革新的コンセプトの女子サッカークラブをプロデュース。

Necessary to keep being loved.

愛され続けるための骨子づくり

まず着手したのは女子サッカーを含む日本サッカー界を取り巻く環境の中で、最大の問題点である「クラブの哲学(フィロソフィ)」の明確化だった。日本サッカー界で最も重要視されてきた「勝利至上主義」を根底から再構築。これまでいくつもの女子サッカークラブが経営難で廃部を余儀なくされ、プレーの場を失ってきた選手たちの想いを聞いた上で、何が最も大事なのかをクラブ代表と二人三脚で議論。チームがスタートして軌道にのるまで毎日のように、どうあるべきか、どう伝えていくかをブラッシュアップして誕生したのが「ASREGINA(アスレジーナ)」である。
ビアンコネロの考えるサッカークラブのあり方がこのチームには凝縮されている。

Promotion and design strategies

強さだけではない女子クラブの為のデザイン戦略

県内出身、または県内の学校卒業した選手を中心にメンバー編成を行うというコンセプトを表したクラブ名「ASREGINA(アスレジーナ)」の由来は、オール静岡(ALL Shizuoka)の頭文字「AS」と、イタリア語で女王を意味する「REGINA」を組み合わせた造語である。このクラブ名からエンブレム、ユニフォームから企画書まで、全てのビジュアルをビアンコネロがブランディング。初期のスポンサー獲得戦略から同行営業も行いセールストークのスクリプトまで全面的にバックアップすることで、資金援助ではないサポートを展開。監督人事から選手獲得までGM的な役割を果たしながら、クラブ代表と二人三脚で行ったブランディングはまさにビアンコネロならではの手法。「業者」ではなく「パートナー」の立場でバックアップする。

BRANDING & DESIGN

クラブのイメージを左右するスタートアップのデザインワーク

チーム名に始まりエンブレムやユニフォーム、応援グッズに至るまで、あらゆるアイテムのデザインワークをサポート。創設間もないクラブとは思えないクオリティを提供することで、「本気度」をスポンサーやサポータに伝える。

VARIOUS ACTIVITIES

地域に愛される為の様々な活動とチャレンジ

地域で行われるサッカーイベントやリーグに参戦しての試合はもちろん、地域の商店街イベントやサッカークリニックなど、支援者との関わりを深くするために様々な活動を、初年度から積極的に行っています。

  • 二年目シーズンからは元サッカー女子日本代表監督の鈴木保氏が就任。

  • 国内で最下部の7部にあたる静岡県中西部リーグからの出発。

  • 静岡県内出身、県内高卒業の選手を中心にオール静岡の選手構成。

  • UKASUKA-Gのミュージックビデオにエキストラとして出演。

  • なでしこJAPANのOGを迎えクリニックなどのイベントを開催。

  • 地域の商店街のお祭りにも積極的に参加し、市民と触れ合う。

  • 商工会議所青年部のイベントにも参加し経済界とも親交を深める。

  • なでしこ広場などクラブ外の育成にも積極的に参加。