works

ORIGINAL CONTENTS
  • プライスゼロ・プロジェクト
  • amo’calcio by unodue japan
  • アスレジーナ
  • ドS女子プロジェクト
  • 静岡県中部地域スポーツ産業振興協議会
  • other
スポーツで街をつくる

行政と民間で創るスポーツ産業の未来

「Sports Make The Town. 〜スポーツで街を創る〜」を合言葉に、行政と民間企業が協力しスポーツ産業を盛り上げる活動をする、静岡県中部地域スポーツ産業振興協議会(通称:SMATT.SC)に初代理事兼事務局として参画し、様々なイベントや企画をプロデュース。

シティブランディング

行政と民間が一つのチームとして協力

「Sports Make The Town.」の頭文字をとった「SMATT」と、静岡(Shizuoka)のS、中部地域(Central)のCを組み合わせた相性をネーミングからエンブレムデザインまでプロデュース。 協議会会員と特別会員である市町村が一つのサッカーチームのように協力して産業振興を推進できるよう協力。

必然性を重視するからこそ「サッカー」をテーマに。

ビアンコネロのブランディングにおいて最重要項目としているのが「事業の必然性」。その企業がなぜその事業を行うのか、その人物がなぜその事業に力を入れるのか。そこに必然性があるから周囲の協力が得られ、熱意や志が困難を超える力となる。かつて「王国」と呼ばれた静岡県中部地域において「サッカー」以上に協力を得られるスポーツ競技は存在しない。だからこそ初年度から「サッカー」をテーマに様々なスポーツ産業の可能性を模索。「王国復活」こそが静岡県中部地域のスポーツ産業を発展させると考え、子供たちを育てたい街、アスリートのセカンドキャリアを支援する街として新たなシティブランディングを行なっている。

街のビジョン

VARIOUS ACTIVITY

現場と会議室の双方向からのアクション

グラウンドでは子供を中心とした一般市民へ向けたクリニックやアクティビティのイベントを行い「機会」を提供。会議室ではスポーツビジネスのビジネスコンテストや講演、マッチングなどの「機会」を提供。